【司馬遼太郎著「殉死」読みました】

公開日: : はしやすめ



images

幕末から大正元年まで生きた乃木希典の生涯を綴った司馬遼太郎さんの本です。
自分は司馬遼太郎さんのファンで、本が読みたいなーってなったらとりあえず
本屋へ行って作家名「し」の棚をさがします。

※本記事ははし休めです。音楽に関する話は一切なく、自分の感じたままの感想をメモしています。よければご覧ください

◆どんな話か

裏表紙に記載されている内容紹介文を転載します。

乃木希典-日露戦争で苦闘したこの第三軍司令官、陸軍大将は、輝ける英雄として称えられた。戦後は伯爵となり、学習院院長、軍事参議官、宮内庁御用掛など、数多くの栄誉を一身にうけた彼が、明治帝の崩御に殉じて、妻とともに自らの命を断ったのはなぜか?”軍神”の内面に迫り、人物像を浮き彫りにした問題作

⇒日露戦争で旅順攻略におけるキーマンとなった乃木将軍のお話です。
激動の時代に長州閥のサラブレットとして生まれた事による幸運と、それと同時にせまってきた不運の大きな波に翻弄された人物。そんな中で過激ともいえる程の純粋な精神をもち、死ぬにいたるまで苦悩しつづけたというイメージでした。

◆乃木将軍って評価が分かれてるよね

宗教的なまでに熱烈に崇める派もいれば、嫌悪感に近い冷たい目線しか送れない派がいたようです。…この本を読んでるとそれぞれの言い分が聞こえてくるようでした。

その中で自分が「まぁ、わかるかな」といったところは
【肯定派】
・敗戦国の敵将の扱いが辱めを受けないような配慮で各国に感動を与えるにいたった武士道的要素

・幕末の英雄に必須ともいえる詩人的な体質をもち、思想は行動がなければ全く意味を成さないという陽明学という教えに感化され、生涯にわたって劇的な生き方を送りきったこと。
※殉死という終わり方は現代にあっては疑問点しかないが、当時の時代にあっては非常な好意をもって捉えられたよう。

【否定派】
・生まれた家が良すぎたため、時代の変遷とともに陸軍の要職に就くようになったが、旅順攻略の際に度重なる不幸的要素によって誤った判断を下し続けることとなり、多くの犠牲を払ったこと

⇒全体的に哀愁が漂う、そんな人物像ですね。

 

なんのこっちゃ!という感じですみません汗

 

小学校ぶりの読書感想文でした(笑)オワリ!



関連記事

【20歳の決心てそんなもんよね】

今からかれこれ10年ほど前、そう自分が二十歳になる4日ほど前の話をしようと思います。なぜか、、、理由

記事を読む

【サラリーマンやりながら作曲にかける時間を増やすには】

// 皆さんおはようございます。急ですが引越しまであと2日しかないあるうらです。仕事と荷

記事を読む

【Podcast(ポッドキャスト)とは?そしてその配信方法について:初心者向け】

// 皆さん、おはこんばんちは。 (↑アラレちゃんのネタです※おはよう+こんばんは+こんに

記事を読む

【ジングルでワンランク上のPodcast(ポッドキャスト)にする方法】

// 皆さん、おはようございます(こんにちは、こんばんは)あるうらです。 先日からラジオ

記事を読む

【馬頭観音像を僕はいまだに知らない】

// 先日の【20歳の決心てそんなもんよね】という記事の後編になります。 ┗自分が20歳

記事を読む

【音楽プロデューサーさんと飲んできました】後半

// 先週にアップした「超有名な日本のロックバンドのプロデューサーをされてた方と飲んで

記事を読む

【Podcast(ポッドキャスト)をやるにあたって企画段階で考えるべきこと:後編】

// みなさん、ごきげんよう。フリー作曲家のあるうらです。 (↑別にどうでもいいんですが

記事を読む

【ワンランク上のPodcast(ポッドキャスト)は録音環境から?】

// みなさん、おはようございます(こんにちは、こんばんわ)あるうらです。 最近、美容

記事を読む

【”火花”について、春団治を思う】

◆又吉さんが芥川賞を受賞された作品「火花」のドラマがNetflixで放送中 ※この記事は”はし

記事を読む

【そうだ、音楽プロデューサーを追いかけよう】

// 別に、めっちゃかわいい女性がプロデューサーにいますねん。という話ではなく…作曲に

記事を読む



  • あるうら
    あるうら
    フリーランス×作曲家×皆で目指そう!脱サラ!!→DTMを駆使して歌モノに限らず、CMやゲーム向け等のBGMを作って、フリーランスでくえる方法を探してます→あるうらについて
【コード進行とは?が分かるようになってきた】

 どうもこんにちは。フリー作曲家のあるうらです。 僕は高校

【作曲で良いメロディを作れるようになるには】

こんにちは、フリー作曲家のあるうらです。 自分は良いメロディ

【KARA、少女時代で日本人好みのメロディを見る】

こんにちは、フリー作曲家のあるうらです。 ここ数年アレンジや

【作曲のレベルアップ(2017年10月分):ベースとドラムの作り込み、そしてディレイ】

どもー。フリー作曲家のあるうらです。これまで毎月音楽による収

【DAWで作曲をする時、プロは何をするのかver3】

どうもこんにちは、フリー作曲家のあるうらです。以前からとある

→もっと見る

PAGE TOP ↑